•  Human Synergistic社の開発した分析ツールは、全てに共通して円環図による分析結果が表示されます。
      一度円環図の仕組みを理解すると、全てのツールで分析結果の読解が可能となります。

  

 

 

 

 

 

 

 

          •  経営者本人にはチームや自分のリーダーシップの理想を、経営する会社のメンバーや部下の8人には、リーダーの現状(360度評価 )をそれぞれ評価し、それを円環図と棒グラフで対比、表示します。

          • 経営者本人の理想と、メンバーの考えるギャップを明らかにし、理想に近づけるよ うコーチングによる対応を行います。洗い出された課題を解決することで、リーダーの 行動変容と組織文化の変革が実現できます。  

 

 

 

 

 

 

 

 

          •  経営者本人にはチームや自分のリーダーシップの理想を、経営する会社のメンバーや
            部下の8人には、リーダーの現状(360度評価)をそれぞれ評価し、それを円環図と
            棒グラフで対比、表示します。

          • 経営者本人の理想と、メンバーの考えるギャップを明らかにし、理想に近づけるよう
            コーチングによる対応を行います。洗い出された課題を解決することで、リーダーの行動変容と
            組織文化の変革が実現できます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

          •  対象となる管理職本人には自分の組織の理想を、本人がけん引する部署のメンバーや部下には、管理職本人の現状(360度評価)をそれぞれ評価し、それを円環図と棒グラフで対比、表示します。

          • 管理職本人の理想と、メンバーの考えるギャップを明らかにし、理想に近づけるようコーチングによる対応を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

          • 部署、グループ等、会社の任意で抽出されたチームが、目的にそったグループワークを実施。そのワークを通し、自分たちのチームがどのような特性を持っているのか、個人ごとに分析を行います。

          • 個人ごとの分析を、チーム内で集約し、平均点を中心とした円環図でチームの特性分析を行います。メンバーごとの分析結果になればその項目は高く、異なる分析結果の場合は、決して良い結果にはなりません。

          • 分析結果を元に、建設的なチームになるために必要な課題と、解決のための行動計画を立てることで、チームの文化を変革していきます。

 

 種グループワーク> 

 

 

 

 

※ 詳細をお知りになりたい場合は、ご希望の対象となるプログラムをクリックしてください。


 

 

 

 

 

 

 

 

          •  72の設問に答えることで、自身のスタイルを分析。円環図によってあらわされるスタイル特性から、どの特性を伸ばすべきかの課題を自らの力で発見します。

          • 行動計画に落とし込み、意思・行動双方を変革させることにより、建設的な思考を持った人材へと変革します。

          • 企業においてもっと重要な資源であるヒトを建設的スタイルにすることで、企業文化もまた建設的な文化へと変わります。